雑貨やアロマテラピー、グルメ情報やその他趣味についてUPしていきます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
アロマ参考書:Aromatherapy An A-Z
アロマについて習いたい時、ついでに英単語も更新しようと思ってこんなものを買いました。



洋書だけど、ペーパーバックだしアロマ以外の疾患の総称なんかも乗っていて勉強になるのでお気に入り
文法がしっかりしているのか、すごく読みやすいです。
レシピや禁忌についても巻末についていて意外とお得な感じがするし、アロマを習いに留学を考えている人には悪くない教材になるんじゃないかな。

難点は分厚いこと!内容が充実しているぶん、厚みも出てます

買ったきっかけなんて、うちは挿絵が気に入った&知らないアロマ関係の単語を覚えたかったってのが一番だけど(笑)

ちなみにインテリアとして部屋に飾るのも悪くないです ←読もうよ・・・
スポンサーサイト
page top
鳥がアロマテラピー?
興味深い記事を過去のBBCニュースで見つけたのでご紹介~
http://news.bbc.co.uk/earth/hi/earth_news/newsid_8199000/8199726.stm

にしてもアロマテラピーについての外国の情報って本になってるやつ以外ないのかな。
国内の情報誌はあんまり出てないのか種類が少ない

とりあえずざっと訳してみます。

***


“アオガラがアロマテラピーを愛用”


アオガラがハーブを巣作りに虫除けとして使用。学者が発見。

この鳥は巣にバクテリアの繁殖を抑えるミントやラベンダーなどのハーブを混ぜている。
これはヒナにとってより豊かな環境をもたらし、ヒナの成長を早めて死亡率を低くする。

鳥達は必要な薬草を手早く摘んでいくが、どのようにして他の鳥にもその知識を教えているのかは不明だ。

ヨーロッパの多くの種の鳥が、ハーブを巣に混ぜているという。

例えばムクドリは、ハーブを求愛行動の一つとして、メスを引き寄せるために使用する。
しかしメスがタマゴを産み始めるとハーブを取ってくる事を止めるため、これらの植物は装飾であることが伺える。

コルシカ島のアオガラはラベンダーやミント、カレープラントなどのハーブの香りを利用している。
ノルウェーのBergen大学の生物学者、Adele Mennerat氏は語っている。
“わたし達は、アオガラが使用しているハーブは寄生虫除けとして用いられていると仮説を立てています。何故なら、これらの植物や、あるいは近しい植物は、地中海では伝統的に薬草として用いられて知られているからです。”

フランスのモンペリエにある国立科学研究センターのMennarat氏と同僚、そしてトゥールーズ大学は、まず最初にこれらのハーブがカラの巣によく発生しヒナの血を吸って雛達の健康を害するクロバエの幼虫を防ぐかどうかを試験した。

しかし、Mennarat氏いわく“何度試してもこれらのハーブにはクロバエを防ぐ効果は見られなかった”との事。
“それで、我々は鳥にくっついているバクテリアに対してハーブの効果を調べました。”

研究者達は、その結果をOecologiaのジャーナルに掲載した。

Mannarat氏によると、“ハーブによって様々な多くのバクテリアが減少しており、全体としては、最も繊細なヒナの体に群がるクロバエによって運ばれたバクテリアが減少しました。”

ハーブの揮発性物質がどのようにバクテリアを殺すのは不明である。しかし、ハーブで飾られた巣に住まうアオガラのヒナは成長が早く、赤血球の比率が高い。これはヒナが巣立った後も生き抜く力が強いという事を示している。

Mannarat氏は未だに確信には至っていないが、巣を抗菌(防虫?)する事によりヒナは無駄な体力を免疫機能に回すことなく、肉体の成長により集中できる。

もっと紹介する事もあるが、とにかくだ。

このほかにアロマテラピーを同じように行う鳥はまだ見つかっておらず、近い種のシジュウカラやヒガラはハーブで巣を彩る事もない。よって、アオガラのこの行動が何に起因するかは不明である。

また、鳥によって好みのハーブが違う事もわかっている。

Mannarat氏は言う。
“我々の発見した驚きの発見の一つに、メスのアオガラがそれぞれ好みのハーブを使うことです。”
“例えば、広いラベンダー畑がナワバリにあるにもかかわらず、巣から遠く離れた場所でしか見つからないミントを好むアオガラがいます。何故このような各自の好みがアオガラにあるのかまだわかりません。”

研究者達はこれらの香りの好みがどのようにして鳥達の間で伝わるのかについても強い興味を抱いている。

原文:Blue tits embrace 'aromatherapy'
著者:Matt Walker
編集: Earth News
page top
ものぐさアロマ
今日も一日暑かったですが、皆さんいかがお過ごしでしたでしょうか。
サワラビは部屋に南向きの窓があるので、帰宅した瞬間うだりました(笑)

さて。

自分の中では今更なんですが、サワラビはただいまアロマテラピーにハマってます

うん、去年からね。
去年一回も日記書いてないけど。
ここ完全放置してたけど。

まあ色々あって、ストレスにどうやって対処しようか模索してたらアロマテラピーに興味を持ちました。
もともと香り好きだし、やってみっかー。
と言うノリでやったら半年後にはアロマテラピー検定受けてました

この調子で色々試しちゃうぜー
毎日アロマな生活にするんだぜー

と意気込んでおりました が。

サワラビは生来ものぐさな人間なので、

アロマランプと言う便利なものがあるというのに

更なる利便性とお手軽さを求めるという 暴 挙 に。


これ

即席ディフューザー

ティッシュの真ん中を丸めてそこに精油を垂らしているんです

「後片付けが楽」

全てはそのためだけに…!!!

でも環境には良くないな。

アロマランプがんばってつかうわぁ
© ワラビ雑記(旧留学記). all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。