雑貨やアロマテラピー、グルメ情報やその他趣味についてUPしていきます。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ハイドロカルチャー!
こないだの授業では観葉植物をポットに入れましたー
3種類の砂利や水耕栽培用の茶色い焼石を入れて器にIN。
一番底には浄化用の石も入れます。




HI3C0222.jpg


こうなった。

石の比率間違えたwww
つーか石入れんの難しいわああああ
練習するべさ…!!!
page top
アロマ参考書:Aromatherapy An A-Z
アロマについて習いたい時、ついでに英単語も更新しようと思ってこんなものを買いました。



洋書だけど、ペーパーバックだしアロマ以外の疾患の総称なんかも乗っていて勉強になるのでお気に入り
文法がしっかりしているのか、すごく読みやすいです。
レシピや禁忌についても巻末についていて意外とお得な感じがするし、アロマを習いに留学を考えている人には悪くない教材になるんじゃないかな。

難点は分厚いこと!内容が充実しているぶん、厚みも出てます

買ったきっかけなんて、うちは挿絵が気に入った&知らないアロマ関係の単語を覚えたかったってのが一番だけど(笑)

ちなみにインテリアとして部屋に飾るのも悪くないです ←読もうよ・・・
page top
ゴミの絵に100万の価値!?
会社辞めることになると、一生懸命楽して稼ぎたい!と矛盾した事を思い始めるのはうちだけかなー。
昼間っからどうにか一山当てて儲ける方法を考えていたら(ろくでもないやつだな…)こんなニュース見つけました。

***

ゴミの絵に100万の価値!?

76551192-9ffa-4544-be66-a915b54d72ca.jpg

マンハッタンのアッパーウェストで女性がゴミとして捨てられていた絵を発見、100万ドルで売れました。
この女性、エリザベス・ギブソンさんは2003年に朝の散歩に出かけたところ、ごみの中の捨てられていた絵を発見。
アートに関する知識は何もなかった彼女ですが、この絵画にはパワーを感じたそうです。
そして、この絵に関する情報を一生懸命に調べたのです。

彼女の努力は無駄になりませんでした。
4年間探し続けて、ついに1989年に盗まれた傑作について記された“Antique Roadshows”というサイトに辿り着いたのです。
その絵は、ルフィーノ・タマヨ(1899-1991)作の抽象画の傑作として知られる、“三人の人物”だったのです。

彼女は絵画を変換した報酬として15,000ドル(日本円にして150万円)と、アメリカの匿名コレクターへの売上1,049,000ドルの手数料を受け取りました。
この絵画は、以前はヒューストンのコレクターが55,000ドルで購入しましたが、引越しの際に紛失したままとなっていました。

A Trashed Painting Worth Million Posted by Justlimz

***

…だそうです。
よし、ゴミ捨て場行くか!!
page top
雑貨ディスプレイ
こないだのスクールでやった食空間ディスプレイ



純和風に飾ってみた!

全部教室にあるもの使っていいってことなので、好きな食器とか置物とか造花選んで各自ディスプレイ。
切子ガラス風の徳利とグラス&真ん中の白い皿(これ見えないけど流水柄!)が気に入ったのでそれに合わせてやったらこうなったっていう…

まわりのみんな洋風とか北欧風とか、なんかカワイイのばっかだったからちょい浮いたww
でも楽しかったからよし!!!
page top
ビジューつくってみた
夏日が続くので、勢いにのってサンダルビジューをつくってみた

P1000432.jpg

かわいくできました

こんな感じで使ってみる

P1000430.jpg

手作りアクセは好きなように作れるのが楽しい
溜まったらフリマで売ってみようかな
© ワラビ雑記(旧留学記). all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。